コーヒーチェリーの肥大

梅雨が明けたとたん、毎日30℃を超える真夏日が続いています。

コーヒーにとっては、高すぎる気温ですが、シェイドツリーのおかげで、農園内はだいぶ温度を抑えられているようです。

コーヒーチェリーは、細胞分裂を終えて、肥大期に入りました。この気温と梅雨の間畑にたっぷりと貯えた水分のおかげで、順調な肥大を感じられます。

肥大には、水がとても重要なので、これからの季節、散水も重要な作業になってきます。でも散水すれば雑草も元気になり・・・


夏の楽しみ、サガリバナも開花の準備を始めました。


こちらは、ヘリコニア(ロブスタ)。すっかり植えたことも忘れていましたが、こっそり小屋の隅で鮮やかな花を咲かせていました。

夏=干ばつ、畑の水分はスコールか台風を待つしかありません。台風が来る前に、支柱をもっと増やしていく予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です