開花先発隊確認

開花の山がくる大潮、各区画を確認したところ、先発隊がポツポツと咲いていました。

この時期のコーヒーは、実を熟しながら、開花を始め、同時に成長もします。3年分のお仕事を同時に行うので、コーヒーにとってはとてもハードな時期となります。

1つめの大仕事は、今年の収穫のために実を熟させること。去年からの仕事の仕上げですね。

このあいだ、収穫のピークが始まったばかりのチェリーたち。5月頃まで収穫が続きます。完熟に向かって、きれいな黄色から赤く燃えるようなオレンジ色へと熟していきます。

この時期に雨があたると実が肥大して、写真のように破裂してしまうことがあります。

2つ目の仕事は、開花の準備~開花。来年の収穫のための仕事ですね。まだ先発隊が始まったばかりですが、5月頃、最後の収穫期と開花の山のスタートがモロに重なってきます。

開花は、約2週間ごと、大潮(月の動き)に合わせてやってきます。

そして、3つめの仕事は、来年開花するための新しい枝を作ります。来年開花=再来年の収穫のためのお仕事です。

冬も数回新芽を吹き出しますが、この時期からどんどん勢いが出てきて、明るい緑色が目立つようになります。

※ 新芽の色は品種によって異なります。うちの農園の場合、緑の新芽はニューワールド2号(推定イエロームンドノーボ)、赤い新芽はニューワールド1号(=ムンドノーボ)となります。

このように、この時期のコーヒーノキは3年分の仕事を同時に行います。管理する人間は、何のために何の作業を行うのか、しっかり頭を動かしてないとこんがらがってきてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です