『コーヒーの花のはちみつ』プロジェクト

2018年2月、いよいよ農園の新たな挑戦が始まります。世界自然遺産登録を目指す国頭村安田の素晴らしい自然環境の中での「養蜂」です。

このプロジェクトは、やんばるをもっと楽しみたい、という目的もありますが、コーヒー栽培にとっても、とても重要なプロジェクトとなります。

2018年2月19日 養蜂プロジェクトスタート

生産量と品質

コーヒーノキ(アラビカ種)は主に、重力や風によって受粉が行われます。昆虫などによる受粉への影響は5~10%程度とも言われており、養蜂をすることによって受粉率に大きな影響はないかもしれません。でも、その5~10%、生産量の少ない沖縄では大切な挑戦だと思っています。

また、ミツバチを導入することにより、作物の品質が高まる場合もあるようです。コーヒーの果実にどう影響するか、まったくわかりませんが、何らかのプラスの効果があることを期待しています。

農園のアンテナ

養蜂家は、ミツバチを通して、季節や圃場の環境をより深く感じることができるそうです。わたしたちも、ミツバチを通して、農園や周囲の環境をより深く感じ、コーヒー園の管理に活かしていきたいと思っています。

コーヒーの花のはちみつ

そして、一番の楽しみは、コーヒーの花のはちみつを採ることです。コーヒーは大潮に合わせて数日開花するだけですし、農園のコーヒーの本数も限られているので、コーヒーの花だけのはちみつになるかはわかりませんが、自然豊かなやんばるの季節季節のはちみつが楽しめることにワクワクしています。

2018年1月 養蜂研修(採蜜)の様子

この3つを目的に、『コーヒーの花のはちみつ』プロジェクトが始まります。養蜂の「よ」の字も知らないレベルですが、ミツバチたちとじっくり向かい合いながら、楽しいプロジェクトにしていきたいと思っています。

おきなわ Bee Happy Project

このプロジェクトは、自然養蜂家 おきなわ Bee Happy Project の三浦さんご夫妻との出会いによって実現することができました。自然養蜂の素晴らしい考えと技術を持っているお二人のご指導をいただけることに感謝しながら、自然養蜂を学ばせていただきます。

最新情報

プロジェクトの最新情報は、#コーヒーの花のはちみつプロジェクトにて、ご確認ください。